中古車買取専門店を賢く利用するには?

>

買取したものはどうなるのか?

廃車にすると利益が出る?

かなり古くなった車や動かない車を売却したのは良いが、買取店側では利益が出るのか分からない。このままこのお金をもらっても大丈夫なのだろうか。
ご安心下さい。買取した車の状態がひどい場合は登録抹消手続きを踏んだ上で解体し、国に申請します。その申請をする事で税金が返ってくるので、実質利益を得ている事になります。
この解体は個人では無理ですし、専門的な知識が必要ですので動かない車は買取店に出すのがベターです。ちなみに絶版になってしまった車種に関しては、その道のマニアに販売することが出来るのでボロボロの状態でも買取してくれるのです。このような太いパイプを持っているからこそ、どんな状態の車でも買取してくれるのですね。

パーツ販売や海外へ売却する事

走行距離が10万kmに達するとそろそろ買い替え時だと言われていますが、海外では15万km、または20万km以上走っている車でもまだまだ現役です。もちろん古い車種でも構わないという方が多くいるので、日本では買い手のつかない古い車種に関しては海外へ輸出するケースもあります。日本車は丈夫で不備が少ないと言われていて人気がありますし、大手ブランドの車であればマニアもいますので引く手あまたです。
動かない車に関しては、パーツごとに解体しそれをオークションやマニアに販売する場合もあります。その為廃車寸前の車や動かなくなった車でも買取が出来るのです。
どうしても値段がつかない物に関しては解体して鉄くずとして別の業者に買い取ってもらうケースもあります。


Share